飼い犬を長生きにする

家族の一員の飼い犬。
できるだけ長く一緒にいたいと思うのは飼った人が抱く希望です。
愛犬ができるだけ長く生きていくためにも飼い主ができることがあります。
愛犬は自分でできない分、飼い主が自分のことのように気を付けたいものですね。

今日、ご紹介するのは、飼い犬をできるだけ長い生きさせるための、飼い主ができること3つです。

まず1つ目、ストレスを与えないこと。
これは人間だって同じことです。
飼い主の都合で与えるストレスはできるだけ排除したいところです。
度重なる引っ越しや、周辺での騒音などこ。
環境の変化に対応できない犬も多く、人間以上にストレスを感じてしまう犬もいます。
環境だけではなく、運動不足によるストレスもあります。
人間もずっと家にいたり、太陽にあたらないと気持ちが沈んでしまうように、犬もある程度の運動や太陽を浴びることは必要です。

2つ目は、食に関することです。
それぞれ犬の体質にあった適量の食事があります。
可愛いからといって、人間食を過剰に与えたり、必要以上の分量を与えると肥満なります。
食べすぎることは犬にだってよくありません。
また、エサですが、安いドッグフードや高級なエサばかりを与えていませんか。
偏った食事は犬の健康を阻害してしまいます。
バランスよく食事をさせることが長生きにつながります。
3つ目は、健康管理をすることです。
毎日顔を見る家族と一緒です、目の色や、鼻水、便など。
調子がすぐれない時には何等かのサインが出るので、それを見過ごさないこように。


≪特別外部サイト≫
犬のきもちを判別する仕草や躾の方法などを紹介しているサイトです … 犬のきもち